中古車 相場,自動車 相場 中古車検索・自動車オークション 電話番号
中古車相場 無料メールでお問い合わせ
中古車 相場検索
中古車 安く買う
中古車 高く売る
格安諸経費[購入の場合・売却の場合]
中古車 相場が決まるまで
中古車 こんなにお得
中古車 相場のフシギ
中古車 相場用語
中古車 コラム
買取orリース比較
中古車 オークション・自動車オークション
車 買取・自動車 買取・中古車 買取
中古車 相場・自動車 相場


メーカー 車種 メーカーを選択してください。
年式 走行距離
型式 シフト     
評価                       
カラー             
            
          
検索期間 過去何ヶ月のデータを検索するか?    

この価格には理由がある。代行手数料35,000円

諸経費
陸送料 >陸送料はこちら
落札料 8,000円(税抜)/台
入札料 無料
下見料 無料
お見積り【48万のトヨタアルファードを2月に落札した場合】
  カーオークション.JP 一般中古車業者
車両価格 480,000円 620,000円
消費税 24,000円 31,000円
自動車税 3,700円 3,700円
リサイクル預託金 14,380円 14,380円
名義変更費 本人で行う 30,000円
整備費 本人で行う 25,000円
納車費 本人で行う 15,000円
落札代行手数料 35,000円 -
落札料 8,400円 -
入札料 0円 -
陸送料 7,600円 -
合計金額 573,080円 739,080円

※会場により落札料が異なる場合がございます。
※落札月によって自動車税が異なります。
※上記は陸送費が4,200円の場合です。

中古車オークションとは?

中古車オークションなら中古車ショップよりもずーっと安い金額で買える!

最近話題の中古車オークションならば、中古車ショップで購入するよりもずっと安い金額で品質のいい中古車が買えることをご存知でしたか?

ショップで購入した場合

中古車を購入する際には中古車ショップに出向くことが多いと思います。しかし、実は中古車ショップに展示されている中古車には、様々な中古車店の都合による費用が上乗せされています。

たとえば中古車販売店の家賃や人件費、そのほか在庫の維持費なども上乗せされています。それに利益も加えると相当な額になります。中古車店で中古車を購入すると、どうしても中古車本体の価格とは関係ない費用をたくさんとられてしまうというわけです。

オークションで購入した場合

中古車オークションとは、その名の通り中古車に関するオークションです。中古車オークションでは毎週12万台以上が取引されており、仲介業者を介さないため常に適正な価格で中古車が買えるため、今人気を集めています。

あくまで概算ですが、中古車店で買うよりも10%以上安い価格で希望する中古車が買えることも少なくないです。

※注)ただし、中古車オークションではヤフオクのように落札希望者が自ら入札に参加することはできません。 中古車オークションの入札に参加できるのは、資格を持ったプロの業者のみです。

プロの代行業者とは?

中古車オークション代行業者

こうした資格を持つ業者はオークション代行業者と呼ばれています。オークション代行業者はお客様から代行手数料を受け取り、お客様に代わってオークションに望みます。

オークション会場は出品者から出品料を、購入者からは落札料などを受け取って生計を立てています。

 

オークション会場を活用しよう

日本全国のオークション会場

オークション会場は日本全国津々浦々に点在しています。オークションを主催しているのは、社会的な地位のある上場企業ばかりです。たとえば、敷地面積約16万坪のオークション会場、USS東京を有する株式会社ユー・エス・エスは東証一部上場企業です。

普段CMなどで目にすることがないためわれわれにとってはなじみが薄いですが、信頼できる企業がほとんどです。 皆さんも信頼できる中古車オークションで、中古車を購入してみませんか?

中古車オークション相場

オークションに関わる3者について

中古車オークションにかかわるのは、出品者・落札者・オークション会場の3者です。出品者は所有する中古車をオークションにかけ、オークション会場に対しては出品料などを支払います。一方、落札者は中古車のオークションに参加し、落札した際には落札料などを支払います。

オークション会場はオークションの場を提供し、その見返りとして出品料及び落札料などを受け取ります。中古車オークションは、このようなシンプルな仕組みで成り立っています。

中古車を購入する費用

車両
車両本体手数料
中古車オークションで中古車を購入する場合の費用は大きく分けて車両の本体価格とその他手数料に分けられます。車両の本体価格はオークションで決まりますが、余計なマージンが乗せられていないため、中古車ショップで購入するよりも安く済む場合が多いです。
代行
代行手数料
代行業者が中古車を落札した際にかかる費用です。
相場は大体3万円〜7万円程度ぐらいです。
落札価格の3%〜5%と設定している代行業者もあります。
落札
落札費用
落札できた際にオークション会場に対して支払われる費用です。
相場は1万円〜2万円程度です。
陸送
陸送費用
オークション会場から納車先までの陸送費で、距離などによって価格は変化しますが、安ければ1万円以下で済みます。
入札
入札手数料
代行業者によっては入札手数料がとられることもあります。
入札手数料は落札の成功・失敗にかかわらず取られる費用で、
1回1,050円の業者が多いです。
こうしてみるといろいろと細かい費用はありますが、それでも中古車ショップで買うよりはずっとお得になるケースが大半です。特に高級車を買った場合はその傾向が顕著で、中古車ショップを利用する場合よりも30%以上安い価格で落札できることもあります。

代行業者選びのポイント

中古車オークションでは代行業者選びが非常に重要になってきます。もちろん、ほとんどの業者は非常に良心的であり顧客に対しては献身的ですが、中にはそうでない業者もあります。今回はよい業者と悪い業者を見分けるポイントなどについて解説していきたいと思います。

代行選びのポイント

今の世の中は非常に便利になったもので、ネットでも代行業者が探せるようになりました。しかし、本気で中古車オークションを利用したいと考えているのならば、ネットの情報だけで決めるのではなく、実際に代行業者に出向いて実際に相手の業者の顔を見てください。代行というのは契約であり、契約というのは人と人とのやり取りです。なるべく相手の顔をよく知っておいた方が、契約もスムーズに運べます。

購入前のチェックポイント

続いて購入前のチェックポイントについてです。オークションでは実際に依頼者が現物をチェックすることはできないので、代行業者のチェックが重要になってきます。このチェックをしっかりやってくれる業者は、良い業者といえます。ワイパーはきちんと動くか、電球は切れていないかなどの細かい情報は出品票には記載されませんが、依頼者には気になる重要な要素です。これらの質問にもきちんと答えてくれる業者は、良い業者と言えるでしょう。逆にあいまいな逃げ口上に終始するような業者は危ないです。

名義変更のポイント

また、名義変更は依頼者がやってもいいのですが、基本的には代行してくれる業者をお勧めします。名義変更に不備があった場合、書類の再発行が必要となります。書類の再発行待ちの間はせっかく購入した中古車も使えません(名義変更前に事故を起こしたら大変です)。そのようなリスクはなるべく避けたほうがいいものです。名義変更は間違いのないプロに頼んだ方がいいでしょう。

また、個人業者や少人数の業者はよほどのことがない限りは避けたほうが賢明です。個人や少人数ではおのずとできることも限界にありますし、保証能力も低いです。ある程度体力のある業者を選んでおいた方が、後々トラブルを起こさない可能性が高くなります。

中古車オークションとは?

中古車オークションで中古車を購入するメリットは、大きく分けて3つあります。

メリット1

価格が安い

まず一つ目はなんといっても価格が安い、中古車オークション相場の項目でも軽く触れましたが、中古車オークションでは車両価格に余計なマージンが上乗せされていないため、中古車ショップで購入する場合と比べてもはるかに安い金額で中古車を購入することができます。

事故車やかなり古い車両なら、年式にもよりますが価格が10万円を切ることもあるようです。もちろん、値段の安い車両は品質もそれ相応ではありますが、1年2年乗れれば十分と考えているのならば、これらの車両を買う価値は十分にあるといえるでしょう。

メリット2

車がみつかりやすい

2つ目のメリットは希望の車が見つかりやすいこと。中古車オークションではなんと、毎週約12万台もの中古車が売り買いされています。これだけあれば希望の車両を見つけるのも、そう難しいことではありません。

少なくとも近所の中古車ショップにわざわざ何件も出向いていちいちチェックしたり、遠方の中古車ショップに電話をかけたりするよりはよっぽど効率的です。

メリット3

安全性

3つ目のメリットは安全性。中古車ショップで中古車を購入する場合、走行距離の改ざんや事故歴隠しがあっても、購入する側はそれに気が付くすべがありません。気が付かないうちに事故車を高い値段で買わされてしまった、という事態も起こりうるわけです。

しかし、中古車オークションでは出品前に検査員のチェックが入るため、事故歴隠しや走行距離メーターの改ざんがあった自動車をそれと知らされずに買わされるようなことはまずありません。

車両の状態が出品票と呼ばれる票に記入されており、車の客観的な評価である評価点が数字で表されているため、安心して中古車を購入することができます。このように中古車オークションには、数多くのメリットがあります。中古車購入を考えている方は、利用を検討してみてはいかがでしょうか。利用を検討してみてはいかがでしょうか。

下取りは損

中古車を売る場合、カーディーラーなどに中古車を下取りしてもらうことが多いかと思います。しかし、実は下取りでは損するケースも少なくないのです。

代行選びのポイント

下取りとはそもそも、車を買い替える際に新しい車をそのカーディーラーで購入することを条件に、今持っている車を買い取ってもらうという契約です。しかし、カーディーラーはあくまで販売がメインの業者ですから、下取りは適当に行われているとまでは一概にいえませんが、買い取り専門店と比べると熱意が少ないことは事実です。

下取りの注意点

注意1 カーディーラーも慈善事業で下取りを行っているわけではないので、高く売れそうな車にはそれなりの価格をつけてくれますが、高く売れるかわからないようなに車な下取り価格を安くつける傾向があります。たとえ一般的な市場価値が高い車でも、そのカーディーラーのコンセプトに合わないとなれば、下取り価格は安くなります。
注意2 たとえ下取り価格の値が上がっても単純に喜んではいけません。下取りする際には同時に車の購入も進んでいます。有能なカーディーラーは下取り価格を上げる代わりに新車の値引きを極力抑える、あるいは逆に新車の値引きを多めにする割に下取り価格を抑えるなど、数々の戦術を用いてこちらに「いい買い物をした」と思わせるようにしてきます。下取り価格が高くても、新車の値段も高くては意味がありません。
注意3 その点、中古車オークションへ出品すればやや不安定ながら、場合によっては高く売ることができます。間に余計な業者が割り込んでこないので、高い値段での買い取りが期待できます。また、競りが過熱すると思った以上に売却価格が跳ね上がるケースも有り、思った以上の金額で売れることもままあります。売却価格が確定していないのは不安かもしれませんが、最終的には相応の価格が付くことがほとんどなので安心です。

中古車オークションで落札

中古車オークションの落札までの流れ

出品
出品
出品業者は車両を会場に搬入した後、「出品票」と呼ばれる表に情報を記入します。出品票に書き込まれるのはその中古車の年式、走行距離、色などです。出品者は出品票を記入したら、それをダッシュボードに展示します。
車両チェック
車両チェック
オークション会場の検査員が車両のチェックを行います。このチェックでは修理歴や走行距離メーターの改ざんがないか、エンジンの機能は健全かなどをチェックします。このチェックでは評価点と呼ばれる車両に対する点数も付けられます。評価点の基準は内装、外装、走行距離、傷の有無などからつけられます。評価が高い車両にはS点や6点や5点、評価が低い車両には2点や1点が付けられます。
出品ヤード
出品ヤード
出品番号が決定し、出品ヤードに運ばれます。出品ヤードに運ばれた車両には鍵が付けられたまま置かれます。オークション代行業者はこの会場に入り、車両をチェックし、エンジンをかけることができます。また、写真を撮影して依頼者に送付することもできます。ただし、実際に走ることはできません。この写真はオークション会場には入れない依頼者にとっては大事な資料となりますので、穴があくまでよくチェックしてください。
競り
競り
いよいよ競り本番です。競りで出品者が定めた売り切り価格(売却希望価格)に届かなかった場合は売却とはなりません。これを流札といいます。もし売り切り価格に届いた場合には、最終的に最も高い値をつけた業者が落札することになります。
名義変更・購入
名義変更・購入
車両を落札した業者は車両代金を支払い、出品者から名義変更の書類を受け取ります。名義変更は有料で代行業者がやってくれる場合もありますが、依頼者が自ら行っても問題ありません。(ただし業者に任せたほうがずっと楽です)名義変更が完了したら、晴れてその車両は依頼主のものとなります。面倒なことはほとんど代行業者がやってくれるので、初めてのオークション代行でも安心して中古車を買うことができます。

車をオークションで落札した後は

落札後の流れ

オークションで中古車を落札したら、その車の出品者はオークション会場に名義変更の手続きに必要な書類などを送付します。また、落札者はオークション会場に落札した金額を振り込みます。これらの一連の流れが終わると、オークション会場は出品者に対して落札価格を振り込み、また落札者に名義変更の手続きに必要な書類などを送ります。

要するにオークション会場が落札代金と名義変更の手続きに必要な書類の交換の橋渡しを行うわけです。 このように中古車オークション会場が間に入ることにより、いつまでたっても落札金額が振り込まれない・直接やり取りしてトラブルが起こった、などのもめ事を防ぐことができます。

落札 出品者 落札者 オークション会場

トラブルがあった場合

落札した中古車に何らかのトラブルがあった場合には、落札者はクレームをつけることができます。
ただし、クレームが付けられる時間には制限があります。クレームを受け付けてくれる期間を「クレーム期間」といいます、クレーム期間は1週間程度です。クレーム期間を過ぎてしまった場合、オークション会場はもめ事については関知しません。

たとえエンジンが動かなくても大きな傷があっても、オークション会場は一切かかわりません。ただし、メーター改ざんについては商法上の都合から、通常で6か月のクレーム期間が定められています。ようは何か問題があったら、さっさと話してくださいというわけです。

逆にいうと出品者からすれば、最初の1週間さえ乗り切ってしまえばあとはその車両がどうなろうと知ったことではないわけです。そのため、一部の悪質な業者は事故歴を隠すなどして出品する場合もあるとはいえ、ほとんどの業者は良心的なので、過度に心配する必要もありません。

クレーム期間1週間 メーター改ざん対応期間6ヶ月



Copyright カーオークション.JP all rights reserved.