中古車 相場,自動車 相場 中古車検索・自動車オークション 電話番号
中古車相場 無料メールでお問い合わせ
中古車 相場検索
中古車 安く買う
中古車 高く売る
格安諸経費[購入の場合・売却の場合]
2年間保証
中古車 相場が決まるまで
中古車 こんなにお得
中古車 相場のフシギ
中古車 相場用語
中古車 コラム
買取orリース比較
中古車 オークション・自動車オークション
車 買取・自動車 買取・中古車 買取
中古車 相場・自動車 相場

 >  > 高く売るための交渉術

高く売るための交渉術

高く売るための交渉術

車を高く売るための交渉術をご紹介致しますので、是非ご参考になってみてください。

目次

  1. 下取りは利用しない!
  2. 買取業者を選ぼう!
  3. 買取査定依頼は1社ではなく複数に
  4. どんな一括見積サービスがあるの?
  5. 中古車オークションでさらに高く売る!
  6. 高く売るためのちょっとしたテクニック

 

 

下取りは利用しない!

高く売るための交渉術

要らなくなった中古車を売却する際に、下取りサービスを利用する方は多いかと思いますが、結論から言いますと、下取りはすべきではありません。

 

下取りを行うのは中古車販売店です。中古車販売店は中古車買取店と比べると中古車の販売網が狭いため、車の評価が低くなりがちです。また、下取りの場合は買取の場合と比べて車種ごとの評価がされない傾向にあるため、せっかく人気の車種を下取りに出しても思ったほどの値段が付かないというケースが大半です。

 

また、下取りの査定はやや硬直的な面があり、社外品のオプションやエアロパーツなど、通常はプラス査定になることが多いオプションやパーツをつけていても、正当に評価してもらえないことがあります。

 

さらに下取りでは古い車の売却と新しい車の買取を同時に行うことになるため、下取り額や値引き額がいくらなのかわかりにくいという欠点もあります。値引きと下取りを合算して購入額から差し引かれると、気分的には得した感じになりますが、実際にきちんと計算してみると値引き額は大した金額ではなく、また下取り価格も買取店での買取と比べて安くなっているという場合が大半です。

 

実際、統計では下取りよりも買取の方が、10万円以上買取額が高くなるというデータもありますよっぽどの理由がない限り、車は下取りではなく買取に出すことをお勧めします。

 

 

買取業者を選ぼう!

下取りよりも買取の方がお得になることは分かりましたが、ただ買取業者を漠然と選ぶだけではいけません。自動車の買取額は需要と供給によって決まります。つまり、今その自動車を欲しがっている業者に売却すれば、自然と買取価格は高くなるわけです。

 

とはいえ、今その自動車を欲しがっている業者を探すというのは、至難の業です。昔は一軒一軒自動車買取店を回って見積もりを依頼し、結果的に一番高い値段をつけてくれた業者に買い取ってもらうという方法が一般的でした。しかし、この方法は手間もかかりますし、押しが弱い人だと自動車買取店で査定をしてもらった後に「やっぱり別の店で買い取ってもらいます」と言い出せず、納得いかない値段のまま売ってしまいかねません。

 

しかし、現代には自動車の一括査定サービスという、非常に便利なサービスがあります。一括査定サービスとは、一回入力フォームにデータを打ち込んで送信するだけで、多くの業者に買取の見積もりが依頼できる便利なサービスです。場合によっては10社程度の買取業者から見積もりを依頼することが出来ます。

 

フォームの入力にかかる時間はせいぜい5分程度。これで一気にたくさんの買取店から見積もりがもらえるのですから、利用しない手はありません。

 

見積なんかどこの店に依頼しても同じじゃないの?と思われるかもしれませんが、実際には20万円以上査定額が異なってくることも珍しくありません。もしあなたの自動車が仮に、ホンダのオデッセイだったとしましょう。業者Aはすでにオデッセイをたくさん持っているため、これ以上必要はないということで50万円の値段を付けました。一方、業者Bはオデッセイをあまり持っていないため、60万円の値段を付けました。業者Cは今どうしてもオデッセイが欲しいという顧客を抱えているため、80万円の値段を付けました。

 

あら不思議、同じ自動車であるにもかかわらず、値段に30万円もの差がついてしまいました。このように一括査定では必然的に業者によって金額に差が付きます。しかも、一括査定では自動的に価格競争が起きるため、個別の見積もりよりも高い値段が付くことが大半です。

 

 

買取査定依頼は1社ではなく複数に

めぼしい買取業者が見つかったら、最終的に現車査定をお願いする業者を選ぶわけですが、その時には1社に絞るのではなく、2社程度に依頼をするようにしましょう。

 

2社以上の業者に同時に現車査定を行ってもらえば、ライバル業者の存在が気になり、マイナス査定をしづらくなります。そうなると1社査定の場合よりも、必然的に買い取り金額は高くなります。時間的にも1社の査定を2回依頼するよりも短くて済むので、効率的です。

 

 

どんな一括見積サービスがあるの?

一括見積の中でもおそらくもっとも有名なのが、ズバット車買取比較でしょう。入力はわずか1分、150社以上の中から見積もり先を選ぶことが出来ます。そのほかにもカーセンサー.netや、簡単車査定ガイドなど、数多くの一括査定サービスがありますので、自分に合ったサービスを選ぶようにしましょう。

 

 

中古車オークションでさらに高く売る!

高く売るための交渉術

自動車販売店ではなく、中古車オークションを利用して自動車を売却するという方法もあります。

 

通常、自動車買取店は通常、買い取った自動車を中古車オークションに出品し、その落札額と買取時の金額の差を利益としています。そのため、買取店はどうしても買取額をオークションで確実に売れると踏んだ値段以下に抑えようとします。つまり、どうあがいてもある一定以上の金額では買い取ってもらえないわけです。

 

一方、中古車オークションはいくらで売れるかわからない代わりに、無制限に高くなる可能性を秘めています。オークション代行業者の腕と時の運にもよりますが、場合によっては買取店を利用したときよりも20万円以上高い値段で売れることがあります。

 

また、中古車オークションでは通常は値段が付かないような過走行車や修復暦車、旧車なども売れる可能性があります。もちろん、値段はせいぜい10万円程度ですが、それでも売れないよりはずっとましです。

 

 

高く売るためのちょっとしたテクニック

買取でも下取りでもオークションでも有効なテクニックを紹介いたします。

 

 

車はきれいにする

 

査定の際には内外装が重要な基準となります。車を洗車しておいたり、あるいは中を掃除しておいたりすれば、自然と査定額もアップします。掃除機でなかを吸っておくだけでも、だいぶきれいに見えるようになります。においが染みついている場合には、消臭剤などを利用するのもいいでしょう。なお、車内にシールやステッカーなどが張ってある場合は、きれいにはがして、貼り付けていた部分をよく布でふいておくと印象がアップします。

 

 

早めに売る

 

自動車の価値は基本的に、日を追うごとに安くなっていきます。もし自動車を高く売りたいと思っている場合は、なるべく早めに売りに出すようにしましょう。中古車は少しでも新しい方が、高くなります。

 

 

大きな傷やへこみはそのままに

 

大きな傷やへこみがあると査定に響くからと、修理を行ってから査定を依頼する人がいるようですが、この方法はあまりお勧めできません。

 

確かに大きな傷やへこみはないに越したことはないのですが、修理代と査定額を天秤にかけた場合、たいていの場合は修理代の方が大きくなるものです。査定額が5万円アップしても、修理代が10万円かかってしまっては意味がありません。

 

 

車検は切れていても良い

 

確かに車検を受けてから売却すると、車検が残っていない場合よりも売却額が高くなります。しかし、車検費用以上に売却額が高くなることはまずありえません。車検が残っていない、あるいはもうすぐ切れるという場合は、そのまま売りに出した方がいいでしょう。

 

 

オプションはそのままに

 

メーカーオプション(純正品)やディーラーオプションが高額買取につながることがあります。特に人気が高いのはメーカーオプションです。また、ディーラーオプションでも有名メーカーの信頼がおけるオプションの場合は高額査定に繋がります。

 

ただし、エアロパーツなどは場合によってはプラス査定にならないばかりか、マイナス査定になることもありますので注意しましょう。ディーラーオプションでも、インテリアにマッチしていないと判断された場合には、マイナス査定となることがあります。

Copyright カーオークション.JP all rights reserved.