中古車 相場,自動車 相場 中古車検索・自動車オークション 電話番号
中古車相場 無料メールでお問い合わせ
中古車 相場検索
中古車 安く買う
中古車 高く売る
格安諸経費[購入の場合・売却の場合]
2年間保証
中古車 相場が決まるまで
中古車 こんなにお得
中古車 相場のフシギ
中古車 相場用語
中古車 コラム
買取orリース比較
中古車 オークション・自動車オークション
車 買取・自動車 買取・中古車 買取
中古車 相場・自動車 相場

 >  > オークションへ車を出品

オークションへ車を出品

オークションへ車を出品

オークションへ車を出品する事についてをご紹介致しますので、是非ご参考になってみてください。

 
 
 
 
 
 
 
 

目次

  1. 中古車オークション出品までの流れ
  2. 不人気車の扱いについて
  3. 成約後のクレームについて
  4. 不確実性について
  5. 中古車オークションにかかる費用
  6. 出品代行のメリット

 

 

中古車オークション出品までの流れ

まずはどこの代行業者に依頼するかを決めましょう。代行業者は最初から1社に絞るのではなく、まずは数社にそれとなく話を持ち掛けて、相手の反応をうかがうようにするといいでしょう。そこで対応がずさんだったり、あまりにも売却見積額が安すぎたりする場合には、その業者は利用しないほうが賢明です。

 

それが終わったら中古車オークション代行業者に連絡します。業者によってはホームページに入力フォームを用意しているところもありますので、できるだけ詳細に入力しましょう。入力フォームがないという場合には、メールや電話で連絡してもOKです。

 

フォームやメールからデータを送信してしばらくたつと、業者から返信のメールが送られてくるはずです。その返信の内容に納得した場合には、業者に依頼する旨を連絡しましょう。その場合には注文フォームを利用するか、電話・メールなどを利用します。

 

連絡が済んだら、必要な書類を用意しましょう。書類は車検証・印鑑証明書・自賠責保険証・納税証明書・リサイクル券・住民票などが必要になります。もし書類が見つからないという場合には、再発行をしましょう。自動車リサイクル券は運輸支局、もしくは軽自動車検査協会(軽自動車の場合)で再発行が可能です。

 

また、必須というわけではありませんが、整備手帳、取扱説明書、ナビディスクなどはあれば査定額が高くなることがあります。

 

また、ローンが残っており、所有権がローン会社や信託会社にある場合には、必ずそこに連絡して、所有権解除を行ってもらうようにしましょう。ローン会社などによってはローンを完済するまでは所有権解除ができないことがありますが、その場合は残念ながら自動車を売却することが出来ません。

 

さて、必要な書類がそろったら自動車を良く見せるための作業を行いましょう。まずは洗車です。洗車をすると細かい傷が目立つようになるのでしないほうがいいのではないか、とお思いの方もいらっしゃるかと思いますが、相手はプロですから、洗車をしてもしなくても細かい傷があることはばれます。ならばせめて洗車をしてバイヤーの第一印象を良くしたほうがお得です。

 

洗車が終わったら内装もきれいにしましょう。ゴミは掃除機で吸うのが一番楽ですが、それが難しい場合は塵取りと蜂起で目に見えるごみを払うだけでもだいぶ違います。また、においが気になる場合は消臭剤を使ってにおいをとりましょう。この際、別の芳香剤などで匂いを上書きするのはなるべくやめましょう。あくまでもにおいのもとを断つようにしてください。

 

自動車に傷がある場合についても触れておきます。小さい傷の場合は修理代金も安いので、思い切って修理してしまってもいいでしょう。ただし、大きな傷やへこみについては、修理しても最終的な落札価格がその修理代金分以上に高くなることはまずないので、そのまま出品したほうが賢明です。

 

車をできる限りきれいにしたら、自動車をオークション会場に持ち込みましょう。持ち込みは自分で行うのが基本ですが、業者によっては有料オプションで代わりに持ち込んでもらうことが出来ます。

 

搬入が終わったら業者との打ち合わせで、最低落札価格などを決めます。いくら以上ならば売ってもいいと考えているのかなど、こちらの条件をきちんと伝えるようにしましょう。

 

それが終わったらいよいよオークション開始です。一般人はオークション会場に立ち入ることはできないので、高く売れるように祈りましょう。オークションが終わったら、業者から連絡が返ってきます。もし流札となり、再出品したいという場合には、その旨を伝えましょう。ただし、落札されなかった場合、再出品には費用が掛かるので、注意が必要です。

 

もし落札が決まれば、業者から落札があった旨と落札金額が伝えられます。それが終わったら、代金が支払われます。口座を確認しましょう。

 

そのあとは名義変更です。名義変更は自分でやることもできるのですが、基本的には業者に代行してもらった方が楽です。

 

また、自動車税が残っている場合には、残り月数に応じて自動車税の一部が返ってきます。ただし、軽自動車の場合、軽自動車税の還付はありません。

 

以上が中古車オークションの流れになります。以下は中古車オークションで中古車を売る際の注意点になります。

 

 

不人気車の扱いについて

中古車オークションでは比較的不人気車も売れやすいといわれています。ただし、そうはいっても元が不人気なので、1度や2度の出品では売れないというケースも多々あります。特に改造車や輸入車、修復暦車などのマニアックな自動車はすぐに売れないこともあります。中古車オークションでは通常、出品のたびに新たな手数料がかかりますので、あまりに売れない場合には潔くあきらめて買取店に買い取ってもらうことも視野に入れたほうがいいでしょう。

 

成約後のクレームについて

オークションへ車を出品

成約後に落札者からクレームが入ることがあります。もし出品者が重大な不具合を隠して、それに落札者が気付いた場合、修理代などの請求が来ることがあります。そのようなトラブルがないように、出品の際には必ず正直に申告を行うようにしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

不確実性について

中古車オークションは買取の場合と違って、必ず誰かが買ってくれるという保証がありません。時の運に大きく左右されますが、2度3度と出品したにもかかわらず売れないというのは精神衛生上も良くないですし、再出品代金などが取られるのも痛手です。

価格にはこだわらないので、とにかく確実に自動車を手放したいと考えている方は、中古車オークションではなく一般の買取サービスや下取りサービスを利用してみるといいでしょう。

 

 

中古車オークションにかかる費用

オークションへ車を出品

オークション代行手数料

中古車オークションの出品にかかる手数料です。2万円程度が相場ですが、安いところでは15000円程度のところもあります。

 

 

出品料

オークションに出品する際にかかる費用です。出品手数料は1回出品するごとにかかる費用なので、たとえばなかなか売れずに3回目のオークションでやっと売れたという場合には、出品手数料も3回分支払う必要があります。出品手数料は、通常1万円程度です。

 

 

オークション手数料

オークション会社に支払う手数料です。車種や業者によっても異なりますが、大体国産車では15000円、輸入車では2万円前後が相場のようです。

 

 

陸送費用

オークション会場への搬入を業者に依頼する場合は、陸送費用が掛かります。費用は会場からの距離によって異なりますが、マイカー・オートバイの輸送サービスを行う株式会社ゼロの場合、ニッサンクルーを神奈川から東京へ片道で運ぶ際の見積金額は1
9440円となっています。神奈川札幌間の場合は6
3720円です。ただし、改造車などに関してはもっと価格が高くなることがありますので注意が必要です。

 

 

出品代行のメリット

出品代行の一番のメリットは、なんとってもズバリ「高く売れること」です。中間の無駄な経費を削減することにより、買取店の人件費や広告宣伝費、ロイヤルティーなどにかかっていた費用を買い取り額そっくりに上乗せしてもらうことが出来ます。

 

また、出品代行のもう一つのメリットして、全国どこにでも見積もりを出せるということが挙げられます。現在はインターネットが普及したことにより、例えば東京にいながら大阪の業者に見積もりを依頼することもできるようになりました。

 

便利な一括見積を利用して、自動車を高く売ってくださいね。

Copyright カーオークション.JP all rights reserved.