中古車 相場,自動車 相場 中古車検索・自動車オークション 電話番号
中古車相場 無料メールでお問い合わせ
中古車 相場検索
中古車 安く買う
中古車 高く売る
格安諸経費[購入の場合・売却の場合]
2年間保証
中古車 相場が決まるまで
中古車 こんなにお得
中古車 相場のフシギ
中古車 相場用語
中古車 コラム
買取orリース比較
中古車 オークション・自動車オークション
車 買取・自動車 買取・中古車 買取
中古車 相場・自動車 相場

 >  > 車の売却に必要な書類と手続き

車の売却に必要な書類と手続き

車の売却に必要な書類と手続き

自動車の売却時に必要な書類は、実は車の種類によって多少異なります。ここでは普通自動車及び軽自動車の売却に必要な書類を見ていきたいと思います。

 
 
 
 
 

目次

  1. はじめに
  2. 名義変更の流れ
  3. 名義変更時に便利なサービス

 

 

はじめに

車を売る方法は下取り、買取、オークション、個人売買など様々な様式がありますが、どの場合も用意する書類には大差がありません。主な必要書類は以下の通りです。

 

1. 自動車検査証
2. 自賠責保険証明書
3. リサイクル券
4. 実印
5. 印鑑証明
6. 口座情報
7. 納税証明書

 

まず自動車検査証(車検証)についてです。車検証は通常、車検終了後に渡され、車の中に保存しておくため、紛失することはないのですが、もし万が一紛失してしまった場合には再発行が可能です。再発行する場合は、運輸支局に行って所定の手続きを行いましょう。

 

再発行当日は手数料納付書と申請書を用意します。記入方法を見本で確認しながら、用紙に記入していきます。記入の仕方が分からない場合は運輸支局の職員に尋ねましょう。どうしても自分で書けないという場合には、代書屋さんに代行してもらうことも可能です。

 

車検証の再交付の手数料は300円です。車検証の交付までにはしばらく時間がかかることがあります。特に月末は運輸支局が混み合いますので、なるべくこの時期は避けるようにしましょう。

 

なお、自動車を売却する際には、必ず車検証の所有者欄を確認しましょう。所有者が自分自身の名前になっている場合は問題ないのですが、所有者が自動車の販売業者やローン会社などになっている場合には注意が必要です。自動車の所有権が他人にあると名義変更、つまりは売買が出来ません。そして、基本的に所有権の解除はローンを完済していないと行えません。場合によっては車屋が残債処理をうまくやってくれることもありますので、詳しくは車屋、およびローン会社などと相談してください。

 

続いて自賠責保険証明書についてです。自賠責保険証明書は、自動車の強制保険である自賠責保険に加入していることを証明する書面です。紛失・破損した場合には再発行も可能ですが、再発行の場合には基本的に保険会社の店舗に出向く必要があります。

 

また、再発行の場合には印鑑、本人確認書類(運転免許証、保険証、社員証、住基カードetc)などが必要になります。せっかく保険会社に出向いたのに身分証明書がなくて再発行できなかった、では困りますので、必ず再発行の前には保険会社に必要な書類を確認するようにしましょう。

 

続いて自動車リサイクル券についてです。自動車リサイクル券は、自動車リサイクル法に基づいて決められたリサイクル料が、きちんと支払われていることを証明する書面です。リサイクル料金は自動車のエアバッグやフロン類の適正な処理のために使われるものであり、新車を購入した場合には必ず支払っています。

 

対象車両は自動車のほか、軽自動車も含まれます。自動車リサイクル料金は車種によって異なりますが、大体7000円~18000円ぐらいです。

 

リサイクル券を紛失した場合には、運輸支局で再発行が可能です。運輸支局にリサイクル券を再発行するための端末が置いてありますので、指示に従って操作を進めましょう。もしやり方が分からない場合には、運輸支局の職員に尋ねましょう。

 

続いて実印です。印鑑証明に登録している印鑑が必要ですので、用意しましょう。

 

続いて、印鑑証明書についてです。印鑑証明を受け取るためには、まずは印鑑登録をしなければなりません。印鑑登録とは自分特有の印鑑を市区町村役場に登録する行為です。通常、ディスカウントショップや100円ショップで売られているような安っぽいシャチハタでは認められませんので、多少値が張ってもいい印鑑を買いましょう。できればオリジナルの印鑑を購入してください。

 

印鑑登録が終わったら印鑑証明書を発行します。証明書の発行は原則的に本人が行う必要がありますが、忙しい場合は代理人に申請してもらうことも可能です。代理の際には委任状などは必要ありません。

 

本人が申請する場合は、取得した印鑑登録証、もしくは印鑑登録カードを市区町村役場にもっていき、発行を受けましょう。手数料は市区町村によって異なりますが、大体どこの市区町村でも500円でおつりが来ます。

 

なお、名義変更に当たっては1か月以内に発行した印鑑証明書が2通必要になります。

 

続いて振込口座情報についてです。これが間違っていると折角車が売れても意味がありません。銀行名・支店名・支店番号・口座番号等が間違っていないか、きちんと確認するようにしましょう。

 

最後に納税証明書についてです。納税証明書とは自動車税を確かに支払っていることを証明する書面です。通常はこれも紛失しないはずですが、人間のやることですからついうっかりなくしてしまうこともあるかと思います。

 

自動車税納税証明書をなくすと、名義変更はもちろん車検を通すこともできませんので、必ず再発行を行う必要があります。再発行の場合には、その自動車税を納めている都道府県税事務所で再発行が可能です。運輸支局などに併設されている事務所でも再発行が可能なので、何か他の手続きがある場合には一緒に済ませてしまうといいでしょう。

 

再発行の手続きには車検証の原本、印鑑、身分証明書などが必要となります。都道府県によって必要書類が異なることがありますので、あらかじめ確認しておきましょう。

 

ここまでは普通自動車の場合です。軽自動車の場合には、以下の書類が必要となります。

 

1. 自動車検査証
2. 自賠責保険証明書
3. 軽自動車税納税証明書
4. 印鑑
5. 口座情報
6. リサイクル券

 

軽自動車の場合は、自動車税納税証明書ではなく、軽自動車税納税証明書が必要になります。軽自動車税納税証明書は、都道府県ではなく、市区町村で発行しています。詳細は市区町村役場・役所、市税事務所などにお尋ねください。

 

 

名義変更の流れ

車の売却に必要な書類と手続き

名義変更は業者に任せてしまってもいいのですが、自分でやりたいという場合には以下の情報を参考にしてください。

名義変更は基本的には旧所有者と新所有者、双方が立ち会って行うことが多いですが、都合が合わない場合には新所有者が行うことが多いようです。

 

名義変更に当たっては、まずは新所有者が車庫証明書を取得します。車庫証明書は最寄りの警察署で取得できます。その後、新所有者の居住地域を管轄する陸運支局で手続を行い、ナンバープレートの交換を行います。ただし、所轄地域が変わらない場合には、ナンバープレートの交換は不要です。

 

必要な書類は上記の通りです。なお、新所有者のみで手続を行う場合には、上記の書類に加えて旧所有者の「委任状」が必要となります。

 

必要な書類を用意したら、書類を提出して車検証の交付を受けます。所有者が新所有者になっていることを確認したら、税金の申告を行います。最後にナンバープレートを受け取って(ナンバープレートを変更する場合)、作業は終了となります。

 

 

名義変更時に便利なサービス

車の売却に必要な書類と手続き

名義変更は面倒なものです。他人に手続きを任せてしまいたいという場合には、手続代行サービスを利用するといいでしょう。サービスは有料ですが、面倒な手続きをすべて代行してもらえるため、時間がない人にはお勧めのサービスです。

 

また、名義変更の手続きの最中にも車が必要な場合は、代車サービスを利用しましょう。名義変更期間中の空白の期間を埋めることが出来ます。

 

車を売りたいけれど、まだローンが残っているという場合には、ローン残債サービスを活用しましょう。ローン残債と車の売却金額に応じて、ローンを組み替えることが出来ます。

 

以上のような様々なサービスを駆使して、スムーズに名義変更を行ってください。

Copyright カーオークション.JP all rights reserved.