中古車 相場,自動車 相場 中古車検索・自動車オークション 電話番号
中古車相場 無料メールでお問い合わせ
中古車 相場検索
中古車 安く買う
中古車 高く売る
格安諸経費[購入の場合・売却の場合]
2年間保証
中古車 相場が決まるまで
中古車 こんなにお得
中古車 相場のフシギ
中古車 相場用語
中古車 コラム
買取orリース比較
中古車 オークション・自動車オークション
車 買取・自動車 買取・中古車 買取
中古車 相場・自動車 相場

 >  > 中古車オークション相場

中古車オークション相場

中古車オークション相場

中古車オークションとは簡単にいえば自動車のセリです。通常、中古車が中古車販売店に並ぶまでにはいろいろな業者がかかわってきます。そのため、中古車の価格に中間マージンが上乗せされ、その一部を自動車購入者(一般のユーザー)が負担しなければいけない仕組みになっています。

 

 

目次

  1. 中古車販売店と中古車買取店
  2. 中古車オークションの相場は?
  3. 自動車オークションの相場を調べる
  4. 良い代行業者の見つけ方

 

中古車販売店と中古車買取店

たとえば、ある自動車オーナーAが中古車を50万円で中古車買取店Bに売却したとします。中古車買取店Bは買取専門店であり、いつまでも中古車を手元に置いておいてもしょうがないので、中古車販売店Cに売却します。この売却額が70万円だったとします。中古車販売店Cはしばらくの間店頭に中古車を展示しましたが、売れる気配がありません。そこでその中古車を欲しがっている中古車販売店Dに85万円で売ることにしました。

 

そして中古車販売店Dは、その買い取った中古車を100万円で店頭に出したところ、1週間後に新しいオーナーEがその中古車を購入しました。めでたしめでたし……というわけにはいきません。

 

もう一度よく考えてみましょう。最初に自動車オーナーAが中古車を売却した時点では、その自動車の価格は50万円でした。しかし、その後いろいろな業者の元へ移っていくうちに、いつの間にか価格が100万円にまで上がってしまいました。これはよくよく考えると、おかしな話だとは思いませんか?

 

別に業者から業者の手を渡っていくうちに、その自動車に何か付加価値が付いたわけではありません。むしろ時間が経つにつれて自動車は古くなっていくのですから、価値は新しい業者の手に渡るたびに下がっているといえます。にもかかわらず、自動車の価格はどんどん高くなっていきます。もしEが最初、直接Aから中古車を購入していれば、支払う代金は50万円で済んだはずです。それにもかかわらずいろいろな業者の手に渡ったせいで、100万円も支払う羽目になってしまいました。

 

この仕組みはどう考えてもおかしいというわけで、生まれたのが中古車オークションです。中古車オークションでは、中古車を売りたい業者と買いたい業者が直接参加します。つまりは余計な中間業者を間に挟ませないわけです。余計な業者が間に入ってこなければ、中間マージンは生まれようがありません。中古車オークションは自動車を安く買うことが出来る、画期的なシステムなのです。
 

 

 

 

中古車オークションの相場は?

中古車オークションの相場は?

中古車オークションの相場は刻一刻と変化していくので一概には言えないのですが、中古車販売店で売られている値段よりも最終的な落札価格が高くなることはまずありません。モノにもよりますが、運がいい時は中古車販売店よりも20万円~50万円以上安い値段で買えることもあります。

 

では、なぜ中古車オークションではこのように安い値段で中古車を買うことが出来るのでしょうか。

 

まず一つ目の理由はひどく合理的な話で、もし中古車オークションでの最終落札価格が仮に中古車販売店の価格と同じかそれよりも高いものだったら、誰も中古車オークションを利用しないからです。もし価格が同じならば、どう考えても車に直接触れることが出来、サポートも充実している中古車販売店を利用したほうが得です。

 

出品者もそのことを十分に承知しているので、最低落札価格は必ず一般的な中古車販売店の価格よりもかなり安くなるように設定します。入札側も一般的な中古車販売店の価格より十分安いと言える範囲でしか入札しません。いわば中古車オークションには、価格を押し下げる圧力がいつでもかかっているといえます。

 

もう一つは中古車オークションの利益を出す仕組みにあります。中古車販売店は通常、車両本体価格に「車両本体利益」というものを上乗せします。車両本体利益とは車両本体を売却したときに出る利益のことです。金額設定は業者によって異なりますが、50万円以上の利益を設定している業者もあります。

 

まあ、業者だって慈善事業で自動車を販売しているわけではありませんし、車両本体利益を取ること自体は悪いことではないのですが、中古車オークションを利用する側としてはできれば業者側の利益など支払いたくないものです。

 

その点、中古車オークションならば車両本体利益を支払わずに済みます。そのかわり中古車オークションではオークション代行手数料やオークション会場からの陸送費用、オークション会場利用料や落札手数料などがかかってきますが、それらの金額はすべて合わせてもせいぜい10万~15万程度です。

 

一方、車両本体利益は50万円ぐらいですから、その差は35万~40万円となります。この金額の差分だけ、中古車オークションの方が安く自動車を購入できるというわけです。

 

実際にはもうちょっと金額は縮まることが多いのですが、中古車オークションの相場は「中古車販売店-30万円程度」と覚えておけばだいたい間違いないでしょう。

 

自動車オークションの相場を調べる

自動車オークションの相場

自動車オークションの相場は一般に発表されることはあまりありませんが、調べる方法はいくつかあります。まず一つ目が雑誌。中古車オークション相場情報の「オークション情報」という情報誌で、中古車オークションの相場情報を確認することが出来ます。全国約80カ所の主要なオークション会場から収集されたデータを整理し、見やすい形でまとめています。

 

ただ、これは法人向けの情報誌であるため、一般人が手を出すのは少し難しいかもしれません。大体でいいので相場を知りたいという場合には、中古車販売店に出向いてみるといいでしょう。

 

先ほども申し上げた通り、中古車オークションの相場は「中古車販売店-30万円」です。つまり、中古車販売店に行って価格を調べれば、自然と中古車オークションの相場もわかることになります。たとえば、中古車販売店で130万円だった自動車は、中古車オークションではだいたい100万円前後で落札が出来るというわけです。

 

もちろん、中古車販売店に並んでいる自動車と中古車オークションに出品される自動車は別のものですし、走行距離や色、年式などの違いもありますから一概には言えないのですが、参考にはなります。

 

良い代行業者の見つけ方

中古車オークションで中古車を購入する際には、代行業者にオークションを代行してもらう必要があります。代行業者はたくさんありますが、実際に依頼できるのは1社のみです。
では、どのようにして代行業者を選べばいいのでしょうか。
まず初めに、きめ細やかなサービスを提供していない業者は除外して下さい。たとえば、名義変更を客任せにするような業者は危険です。業者がやるか、客が自分でやるかを選ぶことが出来る場合は別ですが、端から客が自分でやるという選択肢しかない場合は要注意です。

名義変更は思った以上に手間がかかりますし、もし名義変更に失敗すればいろいろなトラブルになります。名義変更終了前に事故を起こしてしまうと、様々な問題が生まれます。アフターサービスが充実している業者を選べば、余計なトラブルに巻き込まれることもなく安心です。

 

また、手数料がやたらと安い場合も要注意です。手数料が安いということ自体は望ましいことなのですが、中には安かろう悪かろうのサービスしか提供していない業者もあります。最終的に少し多めに費用を払うことになっても、信頼できると思える業者に依頼したほうが、最終的にかかる費用は少なくなります。その価格の安さの裏にはしっかりとしたノウハウや経費削減という企業努力があるのか、それとも単なる客寄せパンダなのか、しっかりと見極めて下さい。

 

Copyright カーオークション.JP all rights reserved.