中古車 相場,自動車 相場 中古車検索・自動車オークション 電話番号
中古車相場 無料メールでお問い合わせ
中古車 相場検索
中古車 安く買う
中古車 高く売る
格安諸経費[購入の場合・売却の場合]
2年間保証
中古車 相場が決まるまで
中古車 こんなにお得
中古車 相場のフシギ
中古車 相場用語
中古車 コラム
買取orリース比較
中古車 オークション・自動車オークション
車 買取・自動車 買取・中古車 買取
中古車 相場・自動車 相場

 >  > 車の購入に必要な書類と手続き

車の購入に必要な書類と手続き

車の購入に必要な書類と手続き

中古車オークションは中古車の取引ですので、当然さまざまな書類が必要になります。特に名義変更は確実に行わないと、トラブルの元になります。説明に従い、スムーズに手続きを終わらせましょう。

 

購入時に必要な書類は以下の通りです。

目次

  1. 車庫証明
  2. 印鑑証明書
  3. 委任状
  4. 許証のコピー

 

 

1.車庫証明

車の購入に必要な書類と手続き

車庫証明とは、自動車を保管する場所が確かにあることを証明する書類です。代行業者に依頼することも可能ですが、自分で手続きが行えるようになるとかなりの節約になります。

 

車庫証明を取得するにあたっては、まずは車庫を申請する場所を決定する必要があります。場所については

 

1.自宅から保管場所までの距離が直線で2キロメートルを超えない範囲である
2.道路から支障なく出入りができる
3.自動車の全体を収容できるものである
4.自動車の保有者が自動車の保管場所として使用する権原を有するものである

 

という規定があります。持ち家の一戸建てや自己保有の駐車場など、スペースが十分にとられている場合はいいのですが、賃貸のアパートやマンションで駐車場を借りている場合は、念のために大家さんに車庫証明を申請する旨を申し出ておいたほうがいいでしょう。

 

仮に車庫証明に関して虚偽が発覚した(道路を車庫代わりに利用した、保管場所を偽った)場合は罰金、場合によっては懲役などの罰則がありますので、絶対に辞めましょう。

 

また、軽自動車は場合によっては車庫証明(正式名称は保管場所届出)が不必要なことがあります。保管場所が必要な地域は「市町村」のうち「市」に該当する部分です。ただし、この規定には例外もあります(市でも必要ないところもあります。具体的には東京や大阪などの都市から30km以上で県庁がなく、人工が10万人以下の市の場合は不必要です)。

 

さて、場所の確保が終わったら書類の準備です。必要な書類は以下の通りです。

 

自動車保管場所証明申請書(四枚複写)
保管場所の所在図・配置図
保管場所使用権疎明書面(自認書)
保管場所使用承諾証明書

 

これらの書類は警察署でもらうこともできますが、地域によってはインターネットからダウンロードすることも可能です。申請書自体は無料なので、警察署でもらう場合には書き損じの可能性も考えて、少し多めにもらっておきましょう。また、場合によっては申請書をもらうために印鑑が必要な場合もありますので、念のため持っていきましょう。

 

自動車保管場所証明書は自動車の基本データを記載する場所です。住所、駐車場の場所、車体番号、自動車の大きさなどを記入します。4枚複写になっていますので、一番後ろまで届くくらいの筆圧で書きましょう。また、書き損じた場合は書類を変えるか、訂正印を押してください。

 

保管場所の所在図・配置図は保管場所の地図を記入する書類です。「所在図記載欄」には、自分の家と申請する駐車場が載っている地図を貼り付けてください。また、自分の住んでいる住宅は赤い色で塗りつぶしてください。

 

「配置図記載欄」には駐車場の図を記入します。あまり事細かに書く必要はないですが、書き直しを避けるためにきちんと定規を用いて、丁寧に書きましょう。駐車場の近くにある建物、道路なども正確に書いてください。

 

また、駐車場の幅と長さも記入します。全長5.5、全幅3.2などとメートルで記入します。警察官が後々場所を確認しに来ますので、嘘をついてはいけません。

 

保管場所使用権疎明書面(自認書)および保管場所使用承諾証明書は、両者を提出する必要はありません。場合に応じてそれぞれ片方を提出すればOKです。申請する土地が自身の土地である場合は前者を、他人の土地(賃貸マンションの駐車場など)である場合は後者を提出します。
前者の場合は土地の所有者のサインや印鑑が必要な場合があります。また、土地の所有者が家族である場合も、当然その家族に記入してもらう必要があります。

 

書面をそろえたら手続に行きます。最寄りの警察署に書類と申請料(3000円程度)を持っていき、手続を行ってください。車庫証明は申請した当日には発行されず、3,4日の時間がかかりますので、余裕を持って前もって手続きを行うようにしましょう。

 

 

2.印鑑証明書

車の購入に必要な書類と手続き

次に印鑑証明についてです。印鑑証明とは自分の印鑑を証明するための書面です。車の売買のほか、マンションや不動産の売買、公正証書の発行などにも必要となりますので、まだ持っていない人は早めに登録しておくといいでしょう。

 

印鑑証明をもらうにあたっては、まずは印鑑を登録する必要があります。印鑑証明に登録する印鑑は、基本的にシャチハタなどの安物はNGです。オリジナルの印鑑を作成してもらえればベストです。

 

申請に当たっては、まずは印鑑登録証明書を記入し、市町村役場に提出します。その際に登録する印鑑を持参してください。その後本人確認用の文書が送られてきますので、記入して窓口に提出しましょう。なお、登録できる印鑑は一人につき一本ですので、なくさないようにしましょう。また、他人がすでに登録した印鑑を登録することはできません。

 

また、本人確認用の書面として、健康保険証、運転免許証、住民基本台帳カードなどが必要になります。必ず持参しましょう。

 

本人がいくのが難しい場合には、代理人に依頼することも可能です。代理人が申請する場合には、まずは印鑑登録証明書を記入し、市町村役場に提出します。その際に登録する印鑑を持参してください。その後本人確認用の文書が送られてきますので、記入して窓口に提出しましょう。なお、登録できる印鑑は一人につき一本ですので、なくさないようにしましょう。また、他人がすでに登録した印鑑を登録することはできません。

 

また、代理人申請の場合は、代理権授与通知書もしくは委任状が必要となります。これは代理人であることを証明するための書類です。また、申請者本人の確認書類だけでなく、代理人自身の確認書類も必要となりますので、代理人として行く場合はあらかじめ免許証などを借りておくようにしましょう。

 

登録できない印鑑

印影の文字の判読ができないものや鮮明ではないもの、すでに他人が印鑑証明として登録しているもの、印鑑の一部が欠損しており正確に押印が出来ないもの、三文判などの変形しやすく誰でも買える者、陰影の大きさが8mm以下、もしくは25mm以上のものなどは登録できません。今ある印鑑が登録できるか不安な場合は、一度市役所に確認に行くか、新しい立派な印鑑を作ってもらうようにしましょう。

 

 

 

さて、印鑑の登録が終わったらいよいよ印鑑証明を受け取ります。本人が申請する場合は、印鑑登録の際にもらった「印鑑登録証」または「印鑑登録カード」を持参して市町村役場に行きます。印鑑登録が住んでいても、これらの書面がないと印鑑証明が受け取れません。また、発行には数百円の手数料がかかります。

 

代理人申請の場合は、基本的に委任状などは不必要です。本人の場合と同様に「印鑑登録証」または「印鑑登録カード」を持参して市町村役場に行けば、発行してもらうことが出来ます。

 

なお、一部の市町村ではコンビニエンスストアやショッピングモールなどで公布を受けることも可能です。市役所が遠い人などにとっては便利なサービスです。ただし、取得が簡単な分トラブルも起こりやすいので注意が必要です。「印鑑登録証」または「印鑑登録カード」はなくさないように厳重に保管する必要があります。

 

 

3.委任状

次に委任状についてです。委任状には必ず実印を推しましょう。委任状のテンプレートはインターネットから探すことが出来ます。Word形式のファイルは編集もしやすく、便利なのでお勧めです。

 

 

4.免許証のコピー

最後に免許証のコピーについてです。コピーは必ず鮮明に取れたものを使用しましょう。また、免許証の裏と表、両面をコピーするようにしましょう。また、免許の書き換えが近い場合は、念のため書き換えをきちんと終了させてからコピーを取るようにしましょう。

 

Copyright カーオークション.JP all rights reserved.